【やっぱりギター好き!】一度は憧れるワクワクする楽器

2018/09/29
 
この記事を書いている人 - WRITER -
kurippertronixxx
自分らしい音楽と価値観 / 生き方を追求するKurippertronixxxのブログです。

【やっぱりギター好き!】
一度は憧れるワクワクする楽器

 

こんにちは。
見た目は浅黒いタイ人、中身はネイティヴ・グンマー。
自分らしい音楽と価値観 ・生き方を追求するクリッパーことKurippertronixxx(@MFProduction)です。

 

今日は僕なりの「ギター感」というのをお話したいと思います。

 

僕はもともと

 

「ギタリストになりたいぜっ!OH Yeah!」

 

 

っていう感じではなく(笑)

 

打ち込みで曲を作っていてギターの音が欲しいときに当時のシンセサイザーに入っていたサンプリングされたギターの音がイメージするものとのギャップにすごく違和感を感じたからでした。

 

 

最近のギター音源とかすごくリアルなので、もし今その環境ならギター自体にあまり興味持たなかったのかもしれません。ギターに限らず打ち込みでリアルな音源を使って再現するにもその楽器の特性を理解しないとリアルなサウンドは出せません。

 

僕も現在はアコースティックとか状況に応じてソフトを使ったりしています。

ギターに限らず打ち込みでリアルな音源を使って再現するにもその楽器の特性を理解しないとリアルなサウンドは出せません。
音源でもリアルに再現できますがやっぱり本物にしかできない表現もあります。

 

 

ギターを弾くことで音楽観や表現の幅も広がったので結局やっておいてよかったなと思いました。

 

僕が思うギターの魅力

 

・基本は同時発音数最大6音(6弦の場合)3オクターブでシンプルだけど多彩な音楽表現ができる

・メロディ楽器、コード伴奏、リズム楽器として機能する

・指でピッチの微妙な表現をダイレクトに表現できる

・指、ピック、ミュート、ボトルネック、タップ、ハーモニクスなどいろんな音色が出せる

・どこでも演奏できるモバイル性

・様々なデザイン、形状のものが存在している

・なんとなくカッコいい笑

 

僕はギタリストじゃないので最近は録音の時かライブに向けてかしか弾かないし、ギターという楽器は僕の音楽表現のうちの一つという解釈ですがやっぱりシンプルながら様々な音色が鳴らせて多彩な音楽表現ができるギターという楽器が好きなんだなと思いました。エレクトリック・ギターもアンプなしでも弾けますしね。

 

日本の楽器人口もギターが1番多いと言われています。

 

ギターは種類も値段も他の楽器に比べて圧倒的に幅が広いので当然敷居も低くなりますよね。
たしかに楽器屋さん行ってもギターとギター関連の商品が1番品数多い気がします。

 

昔話のあるあるで

 

「学生のころ少しかじったけど結局続かなかったんだよね~。」

 

っていう話けっこう多いと思います笑

 

音楽とかバンドとかやった経験なくても学生の時とか友達の家にあったギターとか何かしらの機会に一度くらいは触ったことはありますよね。
きっとみんなギターという楽器に憧れとかワクワクするもの感じて触れたことでしょう。

 

すぐ手に取って弾けるので愛着も湧きやすいし、ギターって身近にあるちょっとしたワクワクなのかも知れませんね。

 

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 

あなたはこの記事を読んで
どんなことを感じましたか?
ぜひコメントで教えてくださいね。

 

Kurippertronixxx Facebook

 

クリッパーの活動や気づきを発信しています。
(お友達申請お待ちしています♪一言メッセージいただけるとうれしいです。)
https://www.facebook.com/Kurippertronix

 

Kurippertronixxx twitter

 

クリッパーの活動や日常のこと、音楽機材/ソフトネタ、思ったことなど発信をしています。
https://twitter.com/MFProducion

 

 

この記事を書いている人 - WRITER -
kurippertronixxx
自分らしい音楽と価値観 / 生き方を追求するKurippertronixxxのブログです。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© Kurippertronixxxのブログ , 2018 All Rights Reserved.