【現代の音楽の聴き方・価値】

2018/09/29
 
この記事を書いている人 - WRITER -
kurippertronixxx
自分らしい音楽と価値観 / 生き方を追求するKurippertronixxxのブログです。

現代の音楽の聴き方・価値

 

こんにちは。
見た目は浅黒いタイ人、中身はネイティヴ・グンマー。
自分らしい音楽と価値観 ・生き方を追求するクリッパーことKurippertronixxx (@MFProduction)です。

 

現在みなさんはどんな形態で
音楽聴いてますか?

 


僕はアナログは殆んど触れなかったので

CD(&テープ笑)
MD

現在は
MP3とAmazon Music (ストリーミング)
が中心という感じです。

 

昔は都内の
タワーレコードやHMVに
行ってCDを買い込み、
アルバム買ったら
全曲丸覚えするくらい
聴き込みました。  


今のYoutubeみたいに
試聴も出来ないので
(試聴ディスクもあったけど僕が買うような作品はまずなかったです^^;)

当たり外れも激しかったです。
…特にインダストリアル / ノイズ系(笑)

 

当時はミリオンセラーの作品が
たくさんあって
いわゆる音楽CD産業が
1番盛り上がっていた時代です。

 

…時代は変わってiTunesなどの
デジタルデータ販売から
現在はサブスクリプション (月額制)
になり大物アーティストも
インディーアーティストも関係なく
世界中の音楽をシェアできる
時代になりました。

 

僕自身も最近はCD作品買うことも
少なくなりました。

 

メジャーなアーティスト作品よりも
ライブを観に行って

面白いアーティストさんなら
体験として買うようにしています。

 

現代はCDという媒体が音楽の
メインコンテンツではなくなりました。
CDを買い漁っていたあの当時は
十数年後にこうなっているなんて
全く思いもしませんでしたが…。

 

しかし、それまで常識だった
CDの需要が減ったからと言って
世の中、みんなが音楽を聴かなくなった
とは思えません。

 

音楽自体の需要はありますし、
聴き方、使い方が変わっているのは事実です。

 

音楽はじめ、映像、ゲームなど
コンテンツの価値や発信の方法など
物凄いスピードで進化しています。

 

僕にとって音楽は
ワクワク・ドキドキするものだし、
そうあって欲しいと思っています。

 

イチ音楽リスナーとしても
そういうワクワクする音楽に出会いたいですし、
これから僕自身、

面白い、ワクワクする音楽を作って
現代の方法で表現や発信していきたいと思います。

 

この記事を書いている人 - WRITER -
kurippertronixxx
自分らしい音楽と価値観 / 生き方を追求するKurippertronixxxのブログです。

Comment

  1. tamiy より:

    確かに当時はCDが当然の時代だっただけに、
    今のスタイルは想像もしてませんでした!

    でも、おっしゃる通り色々音楽ジャンルはあれど
    好きなアーティストは勿論、ふと耳にした音楽など
    常に音楽は聴くし身近にある。
    何かする時や車でもその時のテンションで、
    欲する曲を聴きます☆

    ライブ体験とありましたが、
    私は安室奈美恵さんの
    ファンでありアーティストとしても
    同じ女性としてもリスペクトしてます☆

    でも、本当の意味でファンになりCD等々
    購入したり、ダウンロードして聴いたりするように
    なったのは、
    彼女のライブを歌をパフォーマンスを
    MC無くてもステージにかける情熱
    ふと見せるファンや仲間への笑顔
    に魅せられ生で感じ感銘したからなのですね☆

    ライブにあの時行ってなかったら、
    体調優れない中ラストライブ(名古屋ドーム)も
    行くことなかったでしょう。

    安室ちゃんに関わらず
    一つの音楽やアーティストなどとの出逢いは
    時に人生観も変えると、
    大袈裟かもですが、クリッパーさんやZERoさんや
    皆さんの音楽に触れ、また一つ大きな出逢いとなったのは確かであると確信しています☆

    なので、これからもワクワクして待ってます
    (^-^)☆ tamiy

    • tamiyさんコメントありがとうございます!

      音楽もそうですがデジタル・コンテンツは遷り変わりが早いですねー!

      ちょっと前まで作る方ばっかりで
      あんまり音楽聴いてなかったんですが
      最近昔好きだった曲などまた聴くようにしてます。

      そうすると不思議とその音楽聴いてた頃に
      気持ちが戻るんですよね。

      安室奈美恵さんは僕と同い年だし、
      ずっと第一線で活躍してての引退ですから
      いろいろ思うことがありましたね。

      辞めるタイミングといい、まさに有終の美ですね。

      おっしゃる通り、音楽やアーティストとの出会いは
      体験が重なるとより自分にとって重要になりますよね。

      tamiyさんにとって僕の音楽がその一つであったら本当に嬉しいことです!

      一緒にワクワクしましょう!(^o^)/

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© Kurippertronixxxのブログ , 2018 All Rights Reserved.