【くりっぱーの音楽機材 / ソフト・レビュー】AIR Music Technology / Xpand!2

2018/10/23
 
この記事を書いている人 - WRITER -
kurippertronixxx
自分らしい音楽と価値観 / 生き方を追求するKurippertronixxxのブログです。

【くりっぱーの音楽機材 / ソフト・レビュー】
AIR Music Technology / Xpand!2

 

こんにちは。
見た目は浅黒いタイ人、中身はネイティヴ・グンマー。
自分らしい音楽と価値観 ・生き方を追求するクリッパーことKurippertronixxx(@MFProduction)です。

 

1ドルや無料で手に入れられることが多いXpand!2、DAW環境で打ち込みされてる方はすでに持っている方も多いと思いますが個人的に使用頻度が高いのでレビューしてみようと思います。

 

f:id:Marronfieldsproduction:20170130034430j:plain

 

もともとProtoolsの付属音源でしたが現在ではVST / AUの規格にも対応して他のDAWでも使えるようになりました。 

 

サンプリングの波形を元にした、いわゆるPCM音源です。

 

前にこのブログの記事でも触れましたが、かつて初期のHALionのプリセットやHyper SonicなどSteinberg系のソフトシンセを作っていたWizooというチームが現在のAIR Music Technologyみたいです。

 

僕は初代HALionからのユーザーでその後もLM-4とかXphrazeとか。。。

その節はお世話になりましたね。

 

去年MIDIキーボードのALESIS VX49を買う前に楽器屋さんで試奏した時、このXpand!2を含むVIPというソフトウェアがインストールされてました。

 

そこで音出しした時に

 

「リアルな音もいいけど打ち込みで作曲する時に欲しい音ってこういう音なんだよなー!」

 

って感じましたね。

 

 ALESISのキーボードを選んだのはこのXpand!2が決め手だったのかもしれません。

 

手軽に使えるマルチティンバーのVSTってずっと欲しかったから導入以降はかなりの頻度で活躍してくれています。

 

殆んどの楽器やシンセの一般的な音が出せるのでかんたんなデモ音源の制作ならこの音源だけでも十分いけます。

 

・おもな特徴

 

4チャンネルマルチティンバー

各パート64ボイス

2500プリセット

50種類のエフェクトから2つ選んで使用可能

 

・音源方式

 

Subtractive Synthesis
FM Synthesis
Tonewheels
Sample Playback

 

・プリセットカテゴリー一覧

 

f:id:Marronfieldsproduction:20170130034657j:plain

 

・メインコントロール

 

f:id:Marronfieldsproduction:20170130043407j:plain

 

A / B / C / D /の各モジュール、トータルのEASYをコントロールするセクションです。

パラメーターは音色によって決まっている感じです。

 

・メイン画面

 

f:id:Marronfieldsproduction:20170130034659j:plain

基本的にこのA~Dの各モジュール × 4っていう感じですね。

こうやって見てみると往年の1Uラックの音源モジュールみたいですね。

 

・エディット

 

f:id:Marronfieldsproduction:20170130044241j:plain

 

PLAY
おもにピッチや発音設定など。

 

ARP
アルペジエーターの設定

【カテゴリー : ループ】のループはオーディオ素材ではなく単発のドラムの音をアルペジエーターでフレーズ演奏している感じですね。音の変化なしでリアルタイムにテンポ変えられます。

 

MOD
モジュレーションやLFOの割り当て

 

・気に入ってる点

 

・沢山の種類の音が入っていてあらゆるジャンルの制作に対応出来る

・デモ制作 ( 場合によっては本チャンも )ならこのソフトのみでも十分可能

・基本PCM音源だけどアルペジエーターなど使い方次第で簡易VA / FM音源としても使える

・一つの起動で4つまでの音をレイヤーまたは別々に使える

・パラメーターが限られている分、音作りに悩まず曲作りに集中出来る

・動作が軽いので複数立ち上げられる

 

・惜しい点

 

・膨大な数の音色を選ぶ時の表示が小さくて見にくい

( VIPソフトウェアから起動すれば快適にブラウジング可能)

 

・音によってエディット出来るパラメーターが決まっているので音を作りこみたい時は物足りなく感じてしまう

 

・くりっぱー的評価(5点満点)

 

サウンド   ★★★★

操作性    ★★★

視認性    ★★

負荷の軽さ  ★★★★

拡張性    ★(特にないけど、VIPソフトウェアで起動可能)

お買い得度  ★★★★★

 

・くりっぱー的なシンセサイズの傾向(▲5段階)

 

鍵盤系     ▲▲▲▲▲

パッド     ▲▲▲

ポリシンセ   ▲▲▲

リード             ▲▲

ベース     ▲▲ 

リズム     ▲▲

SE      ▲▲

 

・オススメジャンル

 

ポップス

BGM

ロック

トランス

テクノ

ヒップホップ

レゲエ

ワールド / エスニック

アンビエント

 

・まとめ

 

エレピやオルガンなんかでよく使っていますがシンセ系も作りこめば十分イケると思います。

 

現在VSTだどYAMAHA系ならHALion、KORGならLEGACY CLLECTIONと、ありますが90年代のRolandのJVシリーズあたりの印象を受けました。

 

今の音源みたいに「すごいリアル!」とかじゃないけどチープなわけでもない、オケによく合う絶妙な感じですね。

 

懐かしく、とても新鮮な感じがしますね^^

 

とにかく安くて実際にかなり使える音源なので持ってない人はセール中や無料の時ならすぐに手に入れて欲しいですね。

 

「どうせ100円とか無料くらいなんだからそれなりなんじゃないの?」

 

って思う方もいるかもしれませんが全然そんなことないです!!!!!

 

ポップスや、多ジャンル制作する雑食クリエーターの方に特におススメです。

 

基本オールジャンルいけますが、いわゆる最近のEDM系のリードやベースはちょっと弱いかなって感じもします。それは他のシンセで十分補えますしね。もちろん工夫次第ではできると思いますが。

 

逆にこのソフト、普通の値段のときに買う人っているのかなって余計な心配してしまいますが。。。

 

ホントにホントに使える音源なので普通に値段つけていいからアップデートして欲しいです。

 

メーカーサイト

 

AIR Music Technology
www.airmusictech.com

 

追記

 

Xpand!2単体だとブラウジングがけっこう面倒と書きましたがAIR社のバンドルソフト、VIPソフトウェアから起動すると真ん中にカテゴリーの詳細、左側にプリセットの一覧が表示されて快適に音色検索出来ました。

 

VIPのみ( ? )のレイヤーのプリセットもあってそれもまたいい感じです^^

 

f:id:Marronfieldsproduction:20170130080655j:plainf:id:Marronfieldsproduction:20170130080718j:plain

 

現行品のMIDI / USBキーボードのこれらの製品にXpand!2を含むVIPソフトウェアが付属しています。

 

 


 

 

あなたはこの記事を読んでどんなことを感じましたか?
コメント大歓迎です^^

 

Kurippertronixxx twitter

 

くりっぱーの活動や音楽機材/ソフトネタ、思ったことなど発信をしています。
https://twitter.com/MFProducion

 

Kurippertronixxx Facebook

 

くりっぱーの活動や日常のことを発信しています。
(お友達申請お待ちしています♪一言メッセージいただけるとうれしいです。)
https://www.facebook.com/Kurippertronix

 

MFP【Marron Field Production】


BGMやオリジナルソング等各種音源制作します。ご依頼の問い合わせ等お気軽に。
https://www.marronfield.com/

 

この記事を書いている人 - WRITER -
kurippertronixxx
自分らしい音楽と価値観 / 生き方を追求するKurippertronixxxのブログです。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© Kurippertronixxxのブログ , 2018 All Rights Reserved.